ここから本文です

<速報>ダルビッシュ、5回3安打1失点7奪三振で1年10か月ぶり復活白星!

THE PAGE 5月29日(日)10時17分配信

レンジャーズのダルビッシュ有(29)が28日、本拠地で行われたパイレーツ戦に、実に658日ぶりに先発マウンドを踏み、5回を投げて毎回の7奪三振、3安打1失点の内容で勝利投手の権利を持ったまま降板。チームは継投リレーで5-2とリードを守り、2014年7月28日のヤンキース戦以来の復活白星を手にした。

 ダルビッシュは昨年3月に右肘をトミー・ジョン手術。長いリハビリと、マイナーでの5試合の試運転を経てメジャーのマウンドに帰ってきたが、肉体改造により、フィジカル能力が上がったため、力みの消えた安定感が印象的だった。この日は、偶然にもダルビッシュの母の誕生日。最高のプレゼントにもなった。 
   

 アーリントンに青空が広がる。
 注目の第1球。バランスを考えてか、セットポジションから投げ込んだ151キロのストレートが指にひっかかった。左打者のジェイソの膝下へ大きく外れた。ストライクを取りにいった2球目をジェイソのセンター前へ弾き返される。マウンド上でダルビッシュは首をかしげた。続くマカチェンを縦に切れるスライダーでスイングアウト。ここ5試合で打率・409のポランコをショートライナーに打ち取ったが、飛び出た走者を刺そうとした送球がそれてスタンドに入ったため、走者は三塁へ進んだが、4番のフリースを三塁ゴロに詰まらせた。早くも最速は、157キロ。フォーシーム、ツーシームのストレート系のボールを軸に立ち上がりをまとめた。
 
 全米のメディアもダルビッシュの1年9か月ぶりの復帰登板に注目を集め、入場チケットは、4倍にはねあがった。ただ、パイレーツは、3割打者が4人も並び、チーム打率.284は、ナ・リーグ1位。43本、221打点の方も3位という強力打線である。韓国人メジャーリーガーのカン・ジャンホはスタメンを外れたが、復帰戦のダルビッシュにとっては、ハードルの高いチームだ。
 
 味方打線もダルビッシュを援護。初回に連打から無死二、三塁とすると、フィルダーの内野ゴロの間に1点を先制、さらに一死三塁から4番のベルトレイがバックスクリーンに飛び込む9号2ラン。これが記念すべき通算1500打点を通過する1501打点となって、ダルビッシュの復帰戦に華を添えた。
 
 2回はマーティをストレートで三振、セルベリをツーシームで中飛、ジョイスを見逃しの三球三振。3回は一死からフェィゲロアを歩かせ、ジェイソにも抜けたボールが目立った。三振に切ったが、フルカウントから二盗を許し、マカチェンは、ボールを振らせてショートライナー。ここまで42球。球数が少しかかった。
 4回は一死から154キロのストレートで4番のフリースから5つ目の三振。3人で料理した。
 
「手術をしたことで、もう一度、肉体のチェックをし直すことができた。時間を有意義に使えた」
 ダルビッシュは、1年9か月の失われた時間をポジティブに考え、進化の時間に置き換えた。フィジカルトレーニングにより肉体を大改造。アスリートとしての“排気量”を増やした。その成果だろうか。
 ピッチングから明らかに力みが消えている。力みがないと、当然、フォームに安定感が生まれ、スイスイという表現がピタリとくるリズムとテンポで、イニングを切り抜けていくのだ。

1/2ページ

最終更新:5月30日(月)12時0分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]