ここから本文です

最終日は強風でキャンセル “31位”の表純子が今季初勝利

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 5月29日(日)14時45分配信

◇国内女子◇リゾートトラストレディス 最終日◇グランディ鳴門ゴルフクラブ36(徳島)◇6524yd(パー72)

予想外の結末!「リゾートトラストレディス」フォトギャラリー

最大瞬間風速15m/秒(主催者計測)の強風により最終ラウンドが進行中に中止となり、前日までの36ホールの成績で競技が成立した。第2ラウンドを終えて通算9アンダーの単独首位だった表純子が優勝。昨年の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」以来となるツアー通算5勝目を飾った。

午前中からの風は時間を追うごとに強さを増し、午後0時58分に競技が中断。最終組が前半アウトを終えた直後だった。表は6番(パー3)で「7」を叩くなど9ホールで「45」と、9つスコアを落としていた。中断時点では、通算イーブンパーの暫定31位タイだった。

佐伯三貴とイ・ボミ(韓国)が9ホールを終えて通算7アンダーの暫定首位に立っていたが、競技は再開することなく、午後2時30分に最終ラウンドのキャンセルが決まった。

成田美寿々とポラニ・チュティチャイ(タイ)が通算8アンダーで2位。佐伯、イ、菊地絵理香が4位に入った。

最終更新:5月30日(月)13時5分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)