ここから本文です

世界経済のリスクを根拠に再延期「無理がある」

エコノミックニュース 5月29日(日)15時9分配信

 民進党の福山哲郎幹事長代理は安倍晋三総理が消費税10%の実施を2年半先送りし、2019年10月にしたい意向を示していることに、29日のNHK番組で、世界経済のリスクに消費税引き上げ再延期の根拠をおくことには「無理がある」と指摘した。

 そのうえで「再延期したいのであれば、アベノミクスは失敗した。国民の生活は豊かになっていない。実質賃金は上がっていない。消費は落ちている。だから消費税の引き上げは出来なくなりましたというのであれば、国民も理解すると思う」とアベノミクスの失敗を認めて、国民の理解を得るべきとした。

 福山幹事長代理は「日本の経済は良い。(アベノミクスの)成果は上がっている。だけど消費税は延期するというのでは、国民は納得しないだろう」と主張。

 また、自民党の棚田泰文幹事長代理が1月―3月期の実質GDPは1.7%成長になったとしたことには「うるう年での1日分が成長率に乗っかっただけ」と反論。福山幹事長代理は「消費は落ち、設備投資も落ちている。これが実相」と語った。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:5月29日(日)15時9分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]