ここから本文です

再延期は「総合的観点から与党で議論必要」公明

エコノミックニュース 5月29日(日)15時11分配信

 安倍晋三総理が消費税10%の実施を2年半先送りし、2019年10月にしたい意向を示していることに、公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は29日のNHK番組で「税と社会保障の一体改革での3党合意(自民・公明・当時の民主)の精神がどうなるのか、社会保障はどうなるのか、財政再建はどうなるのか、また個人消費をどう回復するのか、総合的な観点から決められるべきことだ」とした。

 斉藤幹事長代行は「公明党として何ら話を伺っていない」とし「与党の中でしっかり議論していかなければならない」と語った。

 また斉藤幹事長代行は「日本経済は全体としては着実に伸びている」とし「足を引っ張っているのは個人消費だ」と指摘。

 そのうえで「個人消費を如何に伸ばすか、またG7の一員として、世界経済にいかに役割を果たしていくかという観点から(消費税の再延期を)議論するというのは、G7サミットの合意を受けて、必要な事だろうと思う」と一定の理解を示し、議論を与党内で進める必要に理解を示した。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:5月29日(日)15時11分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]