ここから本文です

サザエラジオは“お宝”!? 限定100台に購入希望8350件 ベイエフエム

千葉日報オンライン 5月29日(日)10時34分配信

 地元FMラジオ局「ベイエフエム」(千葉市美浜区中瀬、吉岡圭二社長)が、サザエの貝殻を使い限定100台製作した「SAZAERADIO(サザエラジオ)」に、1カ月間で8350件の購入申し込みがあった。抽選販売となり倍率は83・5倍。“お宝”の価値が付きそうなラジオを手にする当選者にはすでに順次発送しており、同社は「こんなに応募が来るとは想像もしていなかった」と、大反響に驚いている。

 サザエラジオは、館山で捕れたサザエの口にスピーカーを取り付けた個性あふれるFM専用ラジオ。同社の「サザエからラジオが聞こえてきたら面白い」とのアイデアから生まれ、社員が1台1台手作りした。1台3980円(税、送料込み)。

 物珍しさから、さまざまなメディアで取り上げられインターネットを中心に話題となり、4月1日に購入者の募集を始めると、すぐに全国から応募が殺到。ベイエフエムのパーソナリティーによるPRも後押しし、同30日の締め切りまでに限定数をはるかに上回る申し込みがあった。

 同社広報課によると、リスナーから「サザエが好きなので欲しい」「海の近くに住んでいるので、部屋に置きたい」などの好意的な意見が多数寄せられた。同課は「ラジオに携わる者として、ハードのラジオが話題になるのはうれしい」と喜んでいる。

 今月中には全当選者にサザエラジオが届く予定。一つ一つ手作りのため大量生産はできず、追加生産は未定だという。

最終更新:5月29日(日)10時34分

千葉日報オンライン