ここから本文です

サクラフィフティーン、香港に連勝でアジア女王に。W杯への思い、熱く。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 5月29日(日)9時20分配信

 アイルランドの空は近づいたか。
 サクラフィフティーン(女子日本代表)が女子香港代表を30-3とやっつけてアジアのチャンピオンになった。5月28日の秩父宮ラグビー場。前半は10-3と競る展開も、後半は4トライを挙げて30-3と突き放した。39-3だった5月7日のアウェー戦に続く完勝で、女子アジアラグビーチャンピオンシップ2016の女王に。今年12月頃の開催を予定されている女子ワールドカップ(2017年アイルランド大会)のアジア予選突破に向けて歩を進めた。アジアには2枠が与えられる予定になっている。

日本がアジア選手権連覇! 中竹HC代行、6月のジャパンに「全員推したい」

 有水剛志ヘッドコーチが「6割、7割の力しか出せていないが、それでもこのスコアで勝てたのは地力がついた証拠」と話した試合は、緊張感からか、やや動きの鈍いスタートになった。
 相手反則から速攻を仕掛けてアタックを重ね、PR南早紀がトライを奪って先制したのが前半6分過ぎ。しかし、追加点は前半終盤(33分)まで待たねばならなかった。香港代表のジョー・ハル ヘッドコーチが「前半はいいプレッシャーをかけられた」と言ったように相手の健闘もあったが、日本代表のFB田坂藍主将は「受けてしまった」と反省した。そして、「ああいう時間帯に自分たちのペースをどう取り戻すかが課題」と言葉を続けた。

 しかし、後半は日本らしさを出した。テンポのはやさと豊富な運動量。それらを前面に押し出すと桜のジャージーが躍動する。
 後半16分に奪ったトライはラインアウトからだった。ラインアウトからFWがモールを押し込んだ後に展開。FB田坂が縦に走り込んでゲインしたラックを制し、そこから出たボールをCTB中山潮音がインゴールに持ち込んだ。フィニッシュしたこの試合の最年少プレーヤーが、「みんながつないだトライ」と振り返った一連の流れでチームは勢いづいた。前半はNO8アメリ・スールらのパワープレーに接点で苦しむこともあったが、時間が経つにつれ香港代表の運動量は減少。ラスト20分はホームチームがいきいきとした。

 25分にFL末結希、30分にWTB黒木理帆、35分にLO日向寺亜依。3トライを重ねてゲームを締め括ったサクラフィフティーンのパフォーマンスを受けて、有水ヘッドコーチは「持てる力を出し切らないと、ワールドカップは予選でも本大会でも勝てない」とし、そこを詰めていきたいと話した。田坂主将は「毎日、ワールドカップで勝つことを頭の中でイメージして過ごしたい」。サクラセブンズ(女子セブンズ日本代表)のような注目度はないけれど、ココロザシの高さは同じと感じさせる表情だった。
 女子日本代表の大野均ことFL乾あゆみは38歳。最年少のCTB中山は17歳。魅力的な個性が並ぶこちらのサクラにも注目だ。

最終更新:5月29日(日)9時20分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]