ここから本文です

[UCL]ジダン・マドリード、11度目の欧州制覇 PK戦の末にアトレティコとのダービーを制す

theWORLD(ザ・ワールド) 5月29日(日)6時44分配信

アトレティコ、終盤に追いつくも

現地時間28日、イタリア・ミラノのサン・シーロで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝で、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが激突した。

2シーズン前の決勝と同一カードとなった一戦は、序盤からレアル・マドリードが主導権を握って試合を進める。6分にはMFベイルのFKにFWベンゼマが合わせてアトレティコゴールに迫り、セットプレイからチャンスを創りだす。ここはリーグ戦で18失点しかしていないGKオブラクが好セーブを見せるも、レアルは15分に再びセットプレイから決定機を迎える。左サイドの浅い位置でFKを得ると、MFクロースがゴール前に蹴りこむ。これをニアサイドにいたMFベイルが頭ですらすと、DFセルヒオ・ラモスが左足で押し込んで先制に成功する。

その後は、レアルがボールを保持して試合をコントロールする時間が続いたが、次第にアトレティコがペースを握っていく。43分にはFWグリーズマンがペナルティエリアの手前からシュートを狙っていくも、ゴールをこじ開けることができないまま前半を終える。

追いかけるアトレティコは、後半立ち上がりからMFアウグストに代えて22歳のベルギー代表MFカラスコを投入し、[4-1-4-1]の布陣に変更する。すると47分、FWフェルナンド・トーレスがボックス内でDFペペに倒されてPKを獲得。キッカーのグリーズマンの放ったシュートはクロスバーを直撃し、同点に追いつく絶好の機会を逃してしまう。

だが選手交代が功を奏し、59分にはMFカラスコによる左サイドからのクロスにMFサウールが合わせてボレーシュートを放つなど、アトレティコがレアルのゴール前に攻めこむ展開が続く。その後もレアル相手にボールを保持したアトレティコだったが、MFカゼミーロに攻撃の芽をつまれ、次第にトーンダウンしてしまった。

タイムアップまで残り10分に迫ったところで、アトレティコに決定機が訪れる。DFフアンフランがMFガビからの浮き球のスルーパスを受け、右サイドを突破するとダイレクトでクロスを送り込む。ファーサイドからゴール前に走りこんできたMFカラスコが右足で押し込んでネットを揺らし、同点に追いついた。そのまま90分を迎え、延長戦へと突入する。

延長戦では足をつって倒れこむ選手が続出し、消耗戦となったが120分で決着がつかず、PK戦にもつれ込む。PK戦は互いに3人目までが成功。レアルは4人目のセルヒオ・ラモスが成功するも、アトレティコのDFフアンフランの蹴りこんだシュートは左ポストを直撃する。最後に5人目のクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決め、ネットが揺れた瞬間、スタジアムは大歓声に包まれた。

レアル・マドリードは、優勝候補だったバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンを撃破して決勝まで進んできたアトレティコ・マドリードをPK戦の末下して、2年ぶり11度目の優勝を達成した。就任1年目のジネディーヌ・ジダン監督はプレイヤーとしても、監督としてもビッグイヤーを掲げることになった。

[メンバー]
レアル・マドリード:[4-3-3]ナバス、カルバハル(→ダニーロ 52)、ぺぺ、セルヒオ・ラモス、マルセロ、カゼミーロ、モドリッチ、クロース(→イスコ 72)、ベイル、ベンゼマ(→ルーカス・バスケス 77)、クリスティアーノ・ロナウド

アトレティコ・マドリード:[4-4-2]オブラク、フアンフラン、サビッチ、ゴディン、フィリペ・ルイス(→ルーカス・エルナンデス 109)、サウール、ガビ、アウグスト(→カラスコ 46)、コケ(→トーマス 116)、グリーズマン、フェルナンド・トーレス

[スコア]
レアル・マドリード 1-1(PK:5-3) アトレティコ・マドリード

[得点者]
レアル・マドリード:セルヒオ・ラモス(15)
アトレティコ・マドリード:カラスコ(79)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月29日(日)6時58分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]