ここから本文です

【MLB】イチロー、2四球を選ぶも無安打 マ軍は最下位チーム相手に痛恨の連敗

Full-Count 5月29日(日)8時28分配信

2試合連続スタメン出場で3打数無安打

 マーリンズのイチロー外野手は28日(日本時間29日)、敵地でのブレーブス戦に「1番・ライト」で2試合連続スタメン出場。2四球を選んだものの、3打数無安打に終わった。メジャー通算2961安打のままとなっている。マーリンズは逆転負けでブレーブスに痛い連敗を喫した。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローは初回、相手先発右腕ブレアの91マイル(約146キロ)の直球を一塁へ転がす。一塁手のフリーマンからベースカバーに入ったブレアにボールが送られ、タイミングはアウトだった。しかし、ベースから足が離れていたとして、記録は失策でセーフに。ブレーブスはチャレンジしたものの、判定は変わらずにイチローが一塁に残った。その後、相手の暴投で二塁まで進んだものの、オズナの遊ゴロでスタートを切り、三塁でタッチアウトとなった。

 2点を先制した直後の2回2死二塁の場面では四球。4回も2死走者なしで四球を選んだが、いずれも生還は出来ず。2-4と逆転された直後の7回先頭では中直、5点を追う9回は二塁正面への強いゴロで打ち取られた。

 マーリンズは1点リードの6回に3点を奪われて逆転すると、7回も3失点。2-7で敗れ、リーグ最低勝率の最下位ブレーブスに2連敗を喫した。

 イチローは打率.338となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月29日(日)8時38分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。