ここから本文です

今季19アシストの司令塔にバイエルン行きの可能性も アーセナルは恐怖に震える夏過ごす

theWORLD(ザ・ワールド) 5月29日(日)8時30分配信

金よりタイトルが優先

来季こそ悲願のリーグタイトル獲得を狙うアーセナルは、攻撃のキーマンであるMFメスト・エジルの残留が1つのカギを握ることになる。

現在アーセナルはエジルに新契約を提示しており、現在受け取っている週給14万ポンドを20万ポンドまで引き上げる内容となっている。アーセナルが20万ポンドも支払うのは初めてのことで、合意すればエジルはティエリ・アンリ氏らレジェンドを抜いて史上最も高額な給与を受け取る選手ということになる。

しかし、厄介なのはエジルが金銭アップにこだわっていないことだ。エジルはすでに2度アーセナルとの契約延長交渉を延期しており、EURO2016終了後に話し合う予定になっている。エジルは給料以上にタイトルを狙えるクラブでプレイしたいとの考えがあり、アーセナルがその欲求を満たせる場所なのか検討している最中だ。

そんな状況を興味深く見守っているのがバイエルンだ。英『The Sun』はアーセナルがバイエルンにエジルを引き抜かれることを恐れていると報じており、今季リーグ戦19アシストを記録した司令塔を失う可能性も出てきている。

アーセナルがタイトルを獲得するにはエジルの残留が絶対条件だが、アーセナルはエジルが満足するだけのビジョンを示せるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月29日(日)8時30分

theWORLD(ザ・ワールド)