ここから本文です

リオ五輪のロシア代表にシャラポワを選出 [女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月29日(日)11時0分配信

 8月に開催されるリオ・オリンピックの予備登録メンバーにマリア・シャラポワ(ロシア)が選ばれた。シャラポワは今年1月の全豪オープン中に行われたドーピング検査で陽性反応が出ており、現在は出場停止処分中で公式戦から遠ざかっている。

 ロシアテニス協会はリオ五輪の頃までにはシャラポワに正式処分が下り、処分が解除されることを期待しての選出のようだ。シャミル・タルピスチェフ・ロシアテニス協会会長は、シャラポワの名前が予備登録リストに載っていることを認めた。

ロシアテニス協会代表が「シャラポワ引退」発言を撤回

「もし彼女が出場できなければ、次にランキングの高い選手が代表に入るだろう」と述べている。

 ロシアはリオ五輪の女子シングルスに最多で4選手を出場させることができる。ただし、五輪出場の目安とされるランキング56位以内には、ロシアの女子選手は現在7人入っている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 26: Maria Sharapova of Russia waves to the crowd after losing her quarter final match against Serena Williams of the United States during day nine of the 2016 Australian Open at Melbourne Park on January 26, 2016 in Melbourne, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

最終更新:5月29日(日)11時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。