ここから本文です

昨年覇者ワウリンカV2に前進、2年連続の8強進出<男子テニス>

tennis365.net 5月29日(日)23時15分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会8日目の29日、男子シングルス4回戦が行われ、昨年覇者で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)が第22シードのV・トロイキ(セルビア)を7-6 (7-5), 6-7 (7-9), 6-3, 6-2で下し、2年連続のベスト8進出を果たした。

全仏オープン対戦表

この試合、第1・第2セットは両者譲らず、タイブレークを分け合う緊迫した展開に。しかし、第3セットの中盤から徐々に攻撃のペースをあげたワウリンカが主導権を握るようになり、2セットを連取して勝利した。

準々決勝では、世界ランク55位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)と対戦する。ラモス=ヴィノラスは4回戦で、第8シードのM・ラオニチ(カナダ)をストレートで下しての勝ち上がり。

ワウリンカは昨年の全仏オープン決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)を破り、2014年の全豪オープンに続くグランドスラム2度目の優勝を飾った。同時に、ジョコビッチの生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)を阻んだ。

今シーズンはここまでツアー3勝。前哨戦のジュネーヴ・オープンでは決勝でM・チリッチ(クロアチア)を下して優勝。弾みをつけて全仏オープンへ挑んでいる。

今大会は1回戦でL・ロソル(チェコ共和国)に大苦戦するも、その後は2回戦でダニエル太郎(日本)、3回戦でJ・シャーディ(フランス)をストレートで下した。

tennis365.net

最終更新:5月29日(日)23時15分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]