ここから本文です

モウリーニョ、グアルディオラ、クロップ……厳しすぎる来季のプレミアリーグで頂点に立つのは誰だ!?

theWORLD(ザ・ワールド) 5月29日(日)19時40分配信

英紙のアンケート調査の結果は

来季のプレミアリーグは、チェルシーでアントニオ・コンテ、マンチェスター・シティでジョゼップ・グアルディオラ、そしてマンチェスター・ユナイテッドでジョゼ・モウリーニョと世界を代表する名将が新監督としてスタートを切る。そこにリヴァプールでの2シーズン目に挑むユルゲン・クロップ、タイトル防衛を狙うレスター・シティのクラウディオ・ラニエリ、プレミアリーグを誰よりも知りつくすアーセナルのアーセン・ヴェンゲルが絡むことになり、まさに見所満載のとんでもないシーズンが幕を開ける。

英『Daily Mirror』も上記6名の指揮官に注目しており、6名の指揮官の中で最も上位でフィニッシュするのは誰かをアンケート調査した。6クラブとも優勝が狙えるビッグクラブなため、実質優勝予想と言ってもいいだろう。その結果、1人の指揮官が半分近い票を獲得することとなった。

6位 ラニエリ 2・6%

5位 コンテ 4・8%

4位 ヴェンゲル 13・1%

3位 クロップ 14・2%

2位 グアルディオラ 15・6%

1位 モウリーニョ 49・7%


1番人気はモウリーニョ率いるマンUだった。グアルディオラとコンテも名将なのは間違いないが、プレミアリーグ初挑戦なのは気にかかる。プレミアリーグ独特の過密日程や、中堅クラブの思わぬ抵抗など障害が多いこともこのリーグの特徴だ。それに1年目から完璧に適応するのは容易な作業ではない。その点チェルシーで成功を収めたモウリーニョは慣れている。

ここに今季3位でリーグを終えたトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノも加えてほしいところで、実質優勝争いに絡んでくるのはこの7クラブだろう。果たして誰がこの厳しすぎるリーグの頂点に立つのか。来季はプレミアリーグの観戦だけで週末のスケジュールが埋め尽くされることになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月29日(日)20時44分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]