ここから本文です

日ハム・レアード、2試合連続2本塁打 17本塁打でついにリーグ単独トップ

Full-Count 5月29日(日)15時11分配信

月間12本塁打、球団記録の月間13本塁打も視野に

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が29日の楽天戦(コボスタ宮城)で2試合連続の1試合2本塁打をマーク。今季17本塁打で西武・メヒアを抜き、本塁打ダービー単独トップに立った。

 2点リードの2回先頭で釜田から2試合連続となる左越え16号ソロ。5回無死一塁では2ボールから福山の高め145キロ直球を振り切った。左翼ポール際への17号2ランを放った。

 5月は月間12本目のアーチ。1980年9月にソレイタがマークした月間13本塁打(ソレイタ、1980年9月)の球団記録も見えてきた。レアードは「きょうは父親の誕生日だから、最高のプレゼントになったよ!(パ・リーグのべ32人目の月間12本塁打に対して)札幌でもう1試合あるから、あまり結果にとらわれずに行くよ! 球団記録目指して頑張るよ!」とコメントした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月29日(日)15時11分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]