ここから本文です

日ハム斎藤佑、打球直撃で無念の降板 11点リード、試合終了まで2死で…

Full-Count 5月29日(日)16時37分配信

大谷の後を次いで2番手登板、8回は3人で攻撃を終わらせるも…

 日本ハムの斎藤佑樹投手が29日、敵地での楽天戦に2番手で登板し、打球直撃のアクシデントで降板した。

 斎藤は、「6番・投手」で”リアル二刀流”として出場した大谷の後を継ぎ、12-1と大量リードの8回から2番手で登板。先頭の聖澤にレフト前ヒットを浴びるも、福田を併殺、代打・銀次を遊飛に仕留めて3人で攻撃を終わらせた。

 さらに、9回も続投。先頭の茂木に二塁打を浴びたものの、オコエは空振り三振。しかし、続く枡田の打席でアクシデントに見舞われた。2ボール1ストライクからのピッチャー返しが、左足太ももの内側を直撃。痛みに顔を歪めると、吉井コーチに付き添われてベンチ裏に戻った。

 再びマウンドに戻ることは出来ず、日本ハムは3番手の井口を投入。斎藤佑は試合終了まで2アウトというところで、無念の降板となった。井口は1死二、三塁から中川にヒットを打たれ、斎藤は1回1/3を3安打2失点となった。

 日本ハムは12-3で勝利。大谷が3勝目をあげた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月29日(日)16時57分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報