ここから本文です

チェルシーに在籍する20歳の攻撃的MFに、ミランなど欧州の複数クラブが関心を寄せる

theWORLD(ザ・ワールド) 5月29日(日)23時10分配信

ジエゴ・コスタの代わりにワントップ

今季リーグ戦の出場試合数はわずか10試合であったが、チェルシーでワントップを張るなど存在感を示したベルトラン・トラオレに、ヨーロッパの複数クラブが関心を寄せているようだ。

トラオレは2014年にチェルシーの下部組織に加入し、昨季まではオランダのフィテッセへレンタル移籍していた。そしてレンタル契約が満了した今季はチェルシーのトップチームに合流し、第26節ニューカッスル戦でリーグ初ゴールを挙げた。

そんなトラオレはドリブルが得意で自ら局面を打開でき、本来のポジションである攻撃的MFだけでなくウィングやFWまで幅広くこなせる攻撃的プレイヤーである。そして年齢もまだ20歳と若く、将来が有望な若手選手のひとりであるため、ミラン、PSG、アヤックス、エバートン、モナコ、ハンブルガーなどが獲得に乗り出そうとしていると伊『FOOT MERCATO』が報じた。

マンチェスター・ユナイテッドのマーカス・ラッシュフォードのように化ける可能性は十分にある。はたして、アントニオ・コンテ新指揮官は将来有望なトラオレを手放すのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月29日(日)23時10分

theWORLD(ザ・ワールド)