ここから本文です

巨人連敗脱出、DeNA連勝ストップ、大谷は”リアル二刀流”…29日のプロ野球

Full-Count 5月29日(日)23時0分配信

広島は丸4打点で連敗ストップ、日ハム・レアード2戦連続2発、SBはロッテ3タテ

 プロ野球は29日、各地で6試合が行われた。セ・リーグでは、巨人が阪神に競り勝ち泥沼の連敗を「7」で止めた。先発高木が7回3安打1失点の快投で4勝目。3回に重信のタイムリー、坂本の10号ソロでもぎ取った2点をマシソン、澤村とつないで守り切った。阪神メッセンジャーは8回6安打2失点で完投も、援護に恵まれず4敗目となった。中日はヤクルトに快勝。ナニータが初回に先制タイムリーを放つと、3回にはソロ本塁打。2点リードの7回にはビシエドの3ランで突き放した。先発・吉見は6回途中1失点の好投で2勝目。ヤクルトのルーキー原樹は6回3失点で5敗目を喫した。

混戦続くセ・リーグ、パ・リーグはソフトバンクが独走気配…2016年 NPB順位表

 広島はDeNAに快勝し、連敗を2で止めた。先発の中村恭が6回途中3安打無失点の快投で今季初勝利。打線は1点リードの6回に丸、松山の2者連続弾で4点を奪い、試合を決めた。丸は9回にもタイムリーを放ち、4打点と活躍した。好調のDeNAは先発・山口が崩れ、打線も沈黙して連勝が6でストップ。再び借金1となった。

 パ・リーグでは、日本ハム大谷が楽天戦に「6番・投手」で出場。DH制を使わない”リアル二刀流”で、最速161キロの直球を武器に7回1失点、打っても3安打1打点と圧巻の活躍で3勝目を挙げた。レアードは2試合連続2本塁打でリーグトップに浮上。中田も2本塁打を放った。楽天は先発・釜田が2回までに7失点と誤算だった。

 ソフトバンクは敵地で2位ロッテを3タテ。ロッテ井口が7回に劇的な代打同点弾を放つも、8回にデスパイネの右中間への打球をライト城所が超美技。勝ち越し点を防ぐと、直後の9回に松田が決勝2ランを放った。ゲーム差は6に開いた。西武はオリックスに逆転勝ち。1点を追う8回に中村がオリックス佐藤達から逆転3ランを放った。オリックスは6回に好調のT-岡田が勝ち越し弾を放つも、佐藤達が崩れた。

【セ・リーグ】
◇巨人 2-1 阪神(東京ドーム)
勝 高木(4勝4敗)
敗 メッセンジャー(4勝4敗)
S 澤村(3勝0敗12セーブ)
HR【巨】坂本10号【神】鳥谷4号

◇中日 6-1 ヤクルト(ナゴヤドーム)
勝 吉見(2勝1敗)
敗 原樹(2勝5敗)
HR【中】ナニータ2号、ビシエド14号

◇DeNA 0-6 広島(横浜)
勝 中村恭(1勝0敗)
敗 山口(3勝2敗)
HR【広】丸10号、松山5号

【パ・リーグ】
◇楽天 3-12 日本ハム(Koboスタ宮城)
勝 大谷(3勝4敗)
敗 釜田(1勝3敗)
HR【日】中田7、8号、レアード16、17号

◇ロッテ 4-6 ソフトバンク(QVCマリン)
勝 森(2勝2敗)
敗 西野(3勝2敗12セーブ)
S サファテ(0勝2敗17セーブ)
HR【ロ】高濱2号、井口3号【ソ】松田9号

◇オリックス 3-5 西武(ほっと神戸)
勝 牧田(5勝0敗)
敗 佐藤達(0勝3敗)
S 増田(2勝2敗9セーブ)
HR【オ】T-岡田9号【西】中村11号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月29日(日)23時15分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)