ここから本文です

フェルスタッペン「判断ミスでクラッシュ。4位以上は固かったのに」:レッドブル モナコ土曜

オートスポーツweb 5月29日(日)9時7分配信

 2016年F1モナコGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは21位だった。

2016年第6戦モナコGP予選 クラッシュし、撤去されるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のマシン

■レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=21位
 もちろん、明日に向けて望ましい展開ではない。ターンインが早すぎて、イン側のウォールに接触し、サスペンションを壊してしまい、曲がることができなくなった。

 最初のアタックラップはすごくいい感触だった。それまでのラップよりもずっと自信を感じることができたし、マシンバランスもよくなっていた。実際、セクター2ではそれまでの自分のタイムより0.2から0.3秒速かったんだ。すべてがうまくまとまってきていた。でもシケインに入った時、たぶん誤ってグリップを実際よりも高く見積もり、ターンインするのが少し早すぎたんだと思う。


 明日は天気が味方してくれるといいんだけど。それでも21番手スタートだとかなり難しいレースになるだろう。残念だけどこういうことは時にはある。ここから学習して前に進むだけだ。

 明日は僕を含めて全体的にアクションの多いレースになるといいね。かなり苦労しそうだけど、諦めないよ。マシンはとても優れているから、なんとかして順位を上げていく方法を見つけさえすればいい。

 戦略が重要なカギになるだろう。それからもちろん他の人たちの動きや天候もね。明日は運に恵まれることを願っている。

 ダニエル、おめでとう。彼はすごいラップで初ポールポジションを獲得した。チームにとって素晴らしいことだよ。

(自分のミスかと聞かれ)判断ミスだ。ほんの少しだけターンインが早すぎて、軽くバリアに当たっただけなんだ。もちろん、後から言うのは簡単だけど。

 Q1であんなことは起きるなんて、もちろん不本意だ。マシンには楽に予選トップ4に入れる力があったというのに。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5月29日(日)9時38分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]