ここから本文です

ライコネン「タイヤに苦しみ続け、ペナルティまで…」:フェラーリ モナコ土曜

オートスポーツweb 5月29日(日)11時29分配信

 2016年F1モナコGPの土曜予選で、フェラーリのキミ・ライコネンは6位だった。

2016年第6戦モナコGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 予選=6位
 今週末はずっと苦労している。ただ、今朝はマシンの感触がよくなり、予選でまた少し改善した。

 間違ったことはしていない。でもタイヤを思いどおりに機能させることができずにいる。グリップがあまりにも足りず、リヤが滑ったり、フロントがスライドしたりしている。こういうサーキットで一貫したグリップがないと、それだけでタイムを大幅に失う。

 もちろんこの位置には満足していない。その上、ギヤボックス交換によってグリッド降格のペナルティを受ける。それでも現状から最大限の結果を出すために努力していく。

 明日どうなるか予想はできない。レースが簡単ではないのは確かだが、モナコでは通常いろいろなことが起こるから、それをうまく活用し、セーフティカーが出た場合には正しい判断をし、適切な決断を下していく。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5月29日(日)12時46分

オートスポーツweb