ここから本文です

ベッテル「予想外の失速。なぜ流れが変わったのか?」:フェラーリ モナコ土曜

オートスポーツweb 5月29日(日)11時58分配信

 2016年F1モナコGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは4位だった。

2016年第6戦モナコGP キミ・ライコネン(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=4位
 もちろんすごくがっかりしている。木曜から今日までうまくマシンを改善してきて、かなりよくなっていたんだ。今朝はいいスタートができたし、もっと向上する余地があることも分かっていた。だから全く心配していなかった。

 でも予選が進むにつれてグリップを引き出すのがどんどん難しくなっていった。このサーキットではグリップがないことで受ける打撃は他のサーキットよりも大きい。

 マシンのスライドがひどくなってきた。今の時点では理由は分からない。誰もがどんどん自分のタイムを更新していたのに、終盤になっても僕らは序盤と同じようなラップタイムで走っていた。

 僕はやれるだけのことをやった。でも午前中ほど快適に走れなかった。トップにつけるチャンスを逃したから残念だ。もっとずっといい結果を期待していた。このクルマには期待できる理由がいくつもあったからだ。

 でも2、3時間たてば、明日のレースが楽しみになってくるだろう。僕らのマシンはとても優れているし、ペースもすごくいいからね。


(予選終盤には)Q1と同じグリップを得られなくなった。皆はどんどんよくなっているのに、僕らはどんどん悪くなっていっているみたいだった。

(他のマシンの)ラップタイムに手が届かなかったとは思わない。僕らがリズムを失っていったことが問題だ。

 モナコは退屈なレースになるかもしれない。でも逆にものすごくエキサイティングなレースにもなり得る。レースの展開によって僕らが力を発揮できるかどうかが決まるだろう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5月29日(日)12時45分

オートスポーツweb