ここから本文です

「ゴジラ(1989)」フィギュア発売決定! 発光×サウンド×可動でリアルに蘇る

クランクイン! 5月29日(日)15時0分配信

 1989年に公開されたシリーズ第17作『ゴジラvsビオランテ』で覚醒した「ゴジラ(1989)」を発光、サウンド、可動でリアルに再現したフィギュア「S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)」がバンダイより発売されることがわかった。

【関連】『シン・ゴジラ』豪華キャスト<フォトギャラリー>


 本商品は、ゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじによる原型をベースに、臨場感溢れるゴジラを再現したフィギュア。ゴジラの口から放射熱線を発射する際の口と背びれの発光をLEDで再現し、劇中をイメージした青白い色調で表現する。また、発光に合わせて鳴る効果音や、劇中BGMも搭載し、ゴジラワールドを作り上げる。

 効果音は、咆哮音、足音、放射熱線を放つ音声、BGMはお馴染みの「ゴジラ・タイトル」や「ゴジラ対特車隊」の2曲が収録されている。サイズは、2014年7月に発売された「S.H.MonsterArts ゴジラ」より約50mm大きい全高約200mm。劇中から抜け出してきたかのような精巧な作りのフィギュアで、ファンにはたまらない一品といえそうだ。

 なお、本商品の試作品や、劇場最新作『シン・ゴジラ』を含むその他のゴジラ商品は、6月9日から12日に東京ビッグサイトで開催されるイベント「東京おもちゃショー2016」のバンダイブースにてお披露目予定。また、6月9日からは「魂ウェブ S.H.MonsterArts 輝響曲シリーズスペシャルページ」で、本商品の収録音声や発光イメージなどがわかるスペシャル映像も公開予定だ。

 「S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)」は、6月9日より予約受付開始。10月発売予定。価格は19980円(税込)。

最終更新:5月29日(日)15時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。