ここから本文です

英ウィリアム王子&キャサリン妃、結婚5周年の祝福レターにサンキューカードでお返し

クランクイン! 5月29日(日)7時30分配信

 2011年4月29日(現地時間)にロンドンのウェストミンスター寺院で結婚したイギリスの未来の国王ウィリアム王子と妻のキャサリン妃が、2人の結婚5周年を手紙でお祝いした人々に2人の笑顔がステキな写真のサンキューカードを贈ったという。

【関連】「キャサリン妃&ウィリアム王子」交際・結婚~第1子ご懐妊~出産までフォトで振り返る


 イギリスの写真家でロイヤルファミリーの写真も撮っているというポール・ラッドクリフ氏も、カードを受け取った人の1人。ラッドクリフ氏は自身のツイッターに写真の方を表にしたサンキューカードを投稿すると、「ケンブリッジ公と公爵夫人から結婚5周年の記念に届いたステキなサンキューカードです」と紹介した。キャサリン妃は爽やかなミントグリーンのプリーツジャケット、ウィリアム王子はブルーのスーツという出で立ちだ。

 Us Weeklyによると、ウィリアム王子とキャサリン妃は結婚5周年を迎えた今年の4月29日(現地時間)に、親しい者だけを集めて控えめなお祝いをしたという。カードに使われた写真は、Mail Onlineいわく、ご夫婦のクリスマスカードの写真を撮影したクリス・ジェルフ氏が撮影したものだそう。

 カードには「ケンブリッジ公と公爵夫人は2人の結婚5周年に、あなたがわざわざ手紙を書いてくださったことに深く心を打たれました。あなたのご厚意に、ケンブリッジ公と公爵夫人は心から感謝すると共に、ご多幸をお祈り申し上げます」と綴られている。

 ウィリアム王子とキャサリン妃は以前にも似たようなカードを一般の人々に送っているという。キャサリン妃がジョージ王子をご懐妊された時と、出産後にジョージ王子を連れて退院した時に祝福の手紙を送った人々にサンキューカードを送ったそうだ。

最終更新:5月29日(日)7時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。