ここから本文です

米ドラマ史初インド人女優主演作『クワンティコ』7月放送 巨大な陰謀に美女が挑む

クランクイン! 5月29日(日)14時0分配信

 アメリカ史上初となるインド人女優を主役として起用した全米大ヒットの最新海外ドラマ『クワンティコ/FBI アカデミーの真実』が、7月よりBSテレビ局・Dlifeにて日本独占放送されることが決定した。

【関連】「プリヤンカー・チョープラー」フォトギャラリー


 本作は、本国アメリカで、人気海外ドラマ『クリミナル・マインド』『NCIS』を超える視聴率を記録した話題の新作サスペンスドラマ。バージニア州クワテンィコに実在する将来有望なFBIの候補生が集まる研修施設‘FBI アカデミー’を舞台に、一人の優秀なFBI捜査官の卵が、アカデミー卒業後に起こった大型テロ事件で容疑者にさせられ、逃亡する中で、過去、未来と交錯しながら陰謀を暴いていく様を描く。

 主人公である頭脳、体力、美貌をかね揃えた新人FBI捜査官アレックスを演じるのは、20世紀最後のミス・ワールド、2012年世界で最も美しい顔100人に選ばれたこともあるボリウッドのトップ女優、プリヤンカー・チョープラー。祖国インドでは40本以上の映画に出演し、知らない人はいないほどの人気女優だ。

 制作陣には、映画『スピード』『プライベート・ライアン』を製作、その後ドラマ界で『クリミナル・マインド/FBI vs 異常犯罪』や『グレイズ・アナトミー』を生み出したハリウッドのヒットメイカー、マーク・ゴードンと、『ゴシップガール』『SMASH』を手がけたジョシュア・サフランが名を連ねている。

最終更新:5月29日(日)14時0分

クランクイン!