ここから本文です

レッドソックス、リードを守ることができず敗戦…田沢は2失点

ベースボールキング 5月29日(日)7時54分配信

○ ブルージェイズ 10x - 9 レッドソックス ●
<現地時間5月28日 ロジャース・センター>

 レッドソックスの田沢純一が現地時間28日(日本時間29日)、敵地でのブルージェイズ戦にリリーフ登板し、0回1/3を投げ2失点で、防御率を2.25とした。

 田沢は4点リードの8回無死一、二塁の場面で登場。最初に対戦したマーティンに、いきなりライト前へタイムリーヒットを浴びる。続くトラビスには初球を狙われ、レフトへタイムリー二塁打を打たれた。さらにバレデスの打席中に、ワイルドピッチで失点。結局、田沢はバレデスを空振り三振に仕留めたところで降板した。

 田沢の後を受けて8回一死三塁からマウンドに上がった守護神・キンブレルもピリッとしなかった。ピラーを空振り三振に斬って取るも、バティスタにタイムリーを打たれ同点。

 しかし、9回表に打線が1点を奪い勝ち越し。イニング跨ぎとなったキンブレルは9回、先頭のエンカーナシオンを遊飛、ソーンダースを空振り三振と簡単に二死とする。これでほぼ、レッドソックスの勝利かと思われたが、スモークにセンター前へ運ばれると、マーティンにタイムリー二塁打を打たれ同点とされる。最後はトラビスにタイムリー内野安打を打たれサヨナラ負け。

 リリーフ陣が崩れ、8回から2イニングでまさかの6失点。勝てるゲームを落とし、痛い敗戦となった。

BASEBALL KING

最終更新:5月29日(日)7時54分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)