ここから本文です

ロッテが選手内で独自のアンケートを実施! 記念すべき第1回、1位に輝いた選手は?

ベースボールキング 5月29日(日)10時35分配信

 ロッテは29日、ロッテ選手会が選手内(育成も含む)で独自に毎月、様々なアンケートを取ることを発表した。

 記念すべき第1回のテーマは「グラウンドと私生活でギャップがありそうな選手」。第1位に輝いたのは、15票を集めた宮崎敦次。宮崎は球団を通じて「(自分では)まったくそう思わないです!自分からすると、なんで?という結果です。みんなに考え方が変わっているとよく言われますが、その辺が影響しているのかなあと思います。ただ、なんでもトップはいいことだと思うので、胸を張りたいと思います。次は野球で1位になれるように頑張ります!」と喜んだ。

 2位は10票を集めた鈴木大地。選手のコメントを見ると、「グラウンドではザ・キャプテン。プライベートでは優しいお兄さん」、「ゲームでは真面目だけど、普段は意外とふざけている」という声があがった。3位は3票で涌井秀章、田村龍弘、南昌輝、角中勝也が入っている。

 なお、「グラウンドと私生活でもっともギャップがなさそうな選手」の1位は東條大樹の10票、2位が大谷智久の8票だった。

 「グラウンドと私生活でギャップがありそうな選手」の順位とコメントは以下の通り。

1位 宮崎敦次(15票)
主な選手コメント
「まさにギャップ人!」
「マウンドと普段では別人」
「めちゃくちゃ面白い人。ピッチングからはそれが伝わらない」
「私服の時のように自分を出せたら、人気者になれるはず」

2位 鈴木大地(10票)
主な選手コメント
「グラウンドではザ・キャプテン。プライベートでは優しいお兄さん」
「ゲームでは真面目だけど、普段は意外と、ふざける」

3位 涌井秀章、田村龍弘、南昌輝、角中勝也(3票)

7位 内竜也、松永昂大、川満寛弥、信楽晃史、吉田裕太、三木亮、井上晴哉、加藤翔平、肘井竜蔵(2票)

BASEBALL KING

最終更新:5月29日(日)10時41分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。