ここから本文です

658日ぶりにメジャー登板のダル 5回1失点に抑え復帰初戦で勝利投手!

ベースボールキング 5月29日(日)11時24分配信

○ レンジャーズ 5 - 2 パイレーツ ●
<現地時間5月28日 グローブライフ・パーク・イン・アーリントン>

 658日ぶりにメジャーのマウンドに上がったレンジャーズのダルビッシュ有が現地時間28日(日本時間29日)、本拠地でのパイレーツ戦に先発し、5回を1失点に抑え復帰後初勝利を飾った。

 ダルビッシュは昨年3月にトミージョン手術を受け、15年シーズンは全てリハビリに費やした。今月1日にマイナーリーグで復帰登板を果たし、徐々にイニングと球数を増やしていき、この日のメジャー復帰登板にたどり着いた。

 久々の登板となったダルビッシュは初回、先頭のジェイソに1ボールからの2球目に投じた151キロのストレートをセンター前に弾き返されたが、続くマカチェンをスライダーで空振り三振。3番ポランコも遊直に打ち取るも、遊撃のアンドラスが飛び出していた一塁ランナーを刺そうと送球。この送球がスタンドに入り進塁を許した。得点圏に走者を背負ったダルビッシュだが、4番フリースの初球に158キロを計測するなど、4球目のストレートで三ゴロに打ち取り無失点。

 その裏、レンジャーズ打線は先頭のプロファーが内野安打で出塁。デスモンドが二塁打で続き、無死二、三塁とチャンスを作ると、フィルダーの内野ゴロの間に三塁走者が生還し、幸先よく先制。続くベルトレが2ランを放ち、この回3点を挙げた。

 3点のリードをもらった直後の2回、ダルビッシュは圧巻の投球を見せた。先頭のマルテを154キロのストレートで3球三振。セルベリを中飛、最後はジョイスを152キロのストレートで空振り三振に斬って取り、この回をわずか7球で終えた。

 3回と4回も無失点に抑えると、4回裏にモアランドがライトへ本塁打を放ち、レンジャーズが追加点を挙げる。

 しかし、5回先頭のセルベリにライト前に運ばれると、二死後、フィゲロイアにライト前タイムリーで復帰後初めて失点。それでも、ジェイソをスライダーで空振り三振に打ち取りった。結局、ダルビッシュはこの回を終えたところで降板。この日は5回を投げ、3安打、7奪三振、1失点という投球内容だった。

 その後、小刻みな継投で逃げ切りレンジャーズが5-2で勝利した。

BASEBALL KING

最終更新:5月29日(日)11時27分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報