ここから本文です

これぞリアル“二刀流”! 日ハム・大谷、投手で3勝目、野手では猛打賞!

ベースボールキング 5月29日(日)16時39分配信

● 楽天 3 - 12 日本ハム ○
<10回戦・Koboスタ宮城>

 日本ハムの大谷翔平が29日の楽天戦で、パ・リーグの主催試合ではプロ入り後初めて、「6番・投手」でスタメン出場。投げては7回を1失点に抑え3勝目。打っては3安打1打点と“投打”で勝利に大きく貢献した。

 昨季投手三冠に輝くもここまでリーグ戦2勝の投手では、2回まで2つの四球を与えるも、無安打に抑える。しかし、3回先頭の足立祐一に二塁打を打たれると、続く聖沢諒にセンターへ弾き返され1点を失う。

 それでも、4回以降は粘り強い投球で、楽天打線に得点を許さず。特に5回は先頭の中川大志を156キロのストレートで空振り三振に仕留めると、続く後藤光尊には119キロのカーブで空振り三振。最後は前の打席にヒットを許した足立をスライダーで投ゴロに仕留め、緩急自在の投球を見せつけた。

 7回には二死三塁で迎えた足立の打席では、1ボール1ストライクから3球目に投じたストレートが160キロを記録し、2ストライクとすると、最後は161キロのストレートで空振り三振に斬って取った。大谷は7回、1失点でマウンドを降りた。

 一方の野手では初回、二死二塁の場面で回ってきた初回の第1打席は一ゴロ、3回無死走者なしの第2打席は空振り三振に倒れるも、5回の第3打席でライト前に運び、11試合連続安打をマーク。

 さらに6回の第4打席でもライト前に運び、5月19日ソフトバンク戦以来となる今季8度目のマルチ安打を記録した。勢いの止まらない大谷は7回二死一、二塁の第4打席で、タイムリー二塁打を放ち、今季2度目の猛打賞。

 大谷は“投打”に圧倒的な存在感を見せ、来週から始まる交流戦を前に、良い予行練習になった。

BASEBALL KING

最終更新:5月29日(日)16時50分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]