ここから本文です

大谷の後を受けて登板の日ハム・斎藤佑 打球が直撃し途中降板!

ベースボールキング 5月29日(日)16時30分配信

 日本ハムの大谷翔平の後を受けて、11点リードの8回から斎藤佑樹がマウンドにあがった。

 5月22日の楽天戦以来、今季4試合目の登板となった斎藤佑は、先頭の聖沢諒にレフト前ヒットを打たれるも、続く福田将儀を初球のストレートを打たせ、遊ゴロダブルプレー。最後は代打・銀次を144キロのストレートで左飛に仕留めた。

 9回のマウンドにもあがった斎藤佑は、早稲田大の後輩・茂木栄五郎に左中間を破られる二塁打で出塁を許す。続くオコエを、フォークで空振り三振も、枡田慎太郎が放った打球が斎藤佑に足に当たり一、三塁。打球が当たった斎藤佑は、治療のためベンチに下がったが、そのまま降板した。 

BASEBALL KING

最終更新:5月29日(日)16時31分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報