ここから本文です

街中に最新車種25台 金沢の3会場でクルマ博開幕

北國新聞社 5月29日(日)3時3分配信

 最新車種や人気車両を展示する「マチなかクルマ博」(北國新聞社主催、北陸放送後援)は28日、金沢市竪町のタテマチストリートなど3会場で始まり、県内のディーラー7社がスポーツカーやワンボックスカー、高級車など25台を並べ、通行人らにデザインや性能を紹介した。

 石川トヨペット、石川ダイハツ、メルセデス・ベンツ金沢、北陸スバル、トヨタカローラ石川、北陸マツダ、石川県ホンダカーズが展示した。会場で新型車両の乗車を体験した金沢市の会社員吉本広成さん(50)は「デザインや乗り心地を比べることができ、購入の参考になった」と話した。

 サブ会場の片町きらら広場では大型ビジョンで車両の走行映像が流され、香林坊のアトリオ広場ではダンスが披露された。各会場ではクラフト体験コーナーも設けられた。

 市中心部のにぎわい創出を目指す「マチへいこう!」キャンペーンの一環として初めて企画された。29日まで。

北國新聞社

最終更新:5月29日(日)3時3分

北國新聞社