ここから本文です

激闘ACLから中3日…「疲労残る」浦和、敵地で鳥栖とスコアレス

ゲキサカ 5月29日(日)18時24分配信

[5.29 J1第1ステージ第14節 鳥栖0-0浦和 ベアスタ]

 浦和レッズは敵地でサガン鳥栖と対戦し、0-0で引き分けた。浦和はリーグ戦2試合連続のスコアレスドロー。勝ち点1を積み上げるにとどまり、勝ち点27で3位のままとなった。

 敵地で行ったAFCチャンピオンズリーグラウンド16の激闘から中3日。惜しくもPK戦で敗退が決まった試合だったが、優勝争いの真っ只中にいるリーグ戦に切り替えて、アウェーゲームに臨んだ。

 疲労が残る中でも浦和はポゼッションを高めて、鳥栖ゴールを目指した。しかしチャンスをなかなか作ることが出来ない。前半24分にはCKをMF遠藤航が頭で合わせる決定機を迎えたが、枠左に外れてしまう。スコアレスで折り返した後半には、21分にMF柏木陽介が右サイドを突破してクロス。決定機を迎えるが、MF白星東にライン上でかき出されてしまった。

 過密日程の中での勝ち点1。ただプラスに捕えれば、負けなかったことは大きい。消化試合が少ないことを考えれば、優位な状況にあると言ってもいい。「我々は水曜日にソウルで厳しいゲームをやったあとなので、難しい試合になることは分かっていた」と話したペトロヴィッチ監督は「そんな中で浦和の意地を見せてくれた。疲労が残る中でも試合をコントロールしていた。自分たちのサッカーを貫いてくれた」とイレブンの奮闘を称える。そして「今後も厳しい日程は待っているが、17節を終えた段階でトップに立てるのではないかと思う」と手ごたえも感じている様子だった。

最終更新:5月29日(日)18時24分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]