ここから本文です

準Vで涙流したグリエーズマン、同点PK失敗も「後悔はしていない」

ゲキサカ 5月29日(日)19時4分配信

[5.28 欧州CL決勝 R・マドリー 1-1(PK5-3) A・マドリー]

 UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が28日に行われ、アトレティコ・マドリーは1-1で突入したPK戦の末にレアル・マドリーにPK3-5で敗れた。FWアントワーヌ・グリエーズマンの試合後のコメントをスペイン『アス』が伝えている。

 今季リーガ・エスパニョーラで22得点を挙げているグリエーズマンは、0-1で迎えた後半開始早々の1分にFWフェルナンド・トーレスが獲得したPKのキッカーを務めた。しかし、グリエーズマンが放ったシュートはクロスバーを叩き、同点のチャンスを逃してしまった。

 それでも後半34分にMFヤニック・フェレイラ・カラスコがゴールネットを揺らして同点に追いついたアトレティコは、120分間を1-1で終えて試合をPK戦に持ち込む。後攻のアトレティコの1番手のグリエーズマンが今度はしっかりゴール左に決めた。しかし、4番手のDFフアンフランの失敗により、5人全員が決めたレアルにPK3-5で敗れ、2013-14シーズンの決勝のリベンジとはならなかった。

 試合後、涙を流していたグリエーズマンは、ターニングポイントとなったPK失敗のシーンを振り返り、「あのような瞬間は困難なものだが、できるだけ早く忘れる必要がある。私は後悔していない。蹴りたい場所に蹴ったが、数センチの差で決めることができなかった」と語った。

 また、「立ち直るのは容易ではない」と語るなど落胆した様子のディエゴ・シメオネ監督は、ドレッシングルームで選手たちに向けては何も言わなかったようで、「彼は僕らにあまり話をしなかった。実際のところ、誰も話をしようとはしなかった。みんな沈黙していたからね」と試合後のチームの様子を明かした。

最終更新:5月29日(日)19時4分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]