ここから本文です

自身2度目の欧州制覇を果たしたベイル「本当に言葉では表現できない」

ゲキサカ 5月29日(日)21時41分配信

[5.28 欧州CL決勝 R・マドリー 1-1(PK5-3) A・マドリー]

 レアル・マドリーがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を制し、MFガレス・ベイルが喜びを語った。欧州サッカー連盟公式サイトが伝えている。

 レアルは28日、欧州CL決勝でアトレティコ・マドリーと対戦。前半15分にDFセルヒオ・ラモスの得点で先制したレアルだったが、後半34分に同点に追いつかれ、そのまま延長戦でも決着がつかず、1-1でPK戦に突入した。後攻のアトレティコ4人目が外したのに対し、先攻のレアルが5人全員成功させ、PK5-3で2年ぶり11度目の優勝を果たした。

 120分フル出場したベイルは終盤に足が痙攣し、ピッチに座り込む場面が多くみられるほど奮闘した。「(PK戦では)正直、まったく緊張しなかったし、プレッシャーもなかった。とても落ち着いていて、決める自信があった。蹴り終えてチームの場所へ戻って行くときは神経が高ぶったけど、それはどうしても勝ちたかったから。勝利が決まって駆け出したときにちょっと足がつってしまったけど、言葉にできないほど最高の気分だった」と痙攣も忘れるほどの喜びだったようだ。

 ベイルにとってはトッテナムからレアルに移籍した2013-14シーズンに続いて、自身2度目の欧州制覇となった。「信じられない気分だよ。1回優勝するだけでも驚異的なのに、2回もできるなんて…。本当に言葉では表現できない。信じられないほど嬉しい夜で、お祝いの続きをするのが待ち遠しいよ」と語り、「大変なシーズンだった。リーグでは惜しくもタイトルを逃してしまったけど、僕らにとって欧州CLに勝るタイトルはないと思うよ」と振り返った。

最終更新:5月29日(日)21時41分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]