ここから本文です

カリフォルニアクロームが復帰戦へ好時計 来年も現役続行の可能性

netkeiba.com 5月30日(月)12時24分配信

 GIドバイワールドC(d2000m)の勝ち馬カリフォルニアクローム(牡5)が、28日(土)に、拠点としているカリフォルニア州のロスアラミトス競馬場で追い切られ、4F=48秒8、5F=1分1秒8の好時計をマークした。

 ドバイワールドCから帰国後、引退後に種牡馬として繋養されることが決まっているケンタッキー州のテイラーメイド・ファームに放牧に出されていたカリフォルニアクロームは、5月1日に帰厩。28日が3度目の追い切りだった。

 同馬は、7月23日にデルマー競馬場で行われるGIIサンディエゴH(d8.5F)で戦線に復帰する予定で、8月20日に同じくデルマーで行われるミリオンレースのGIパシフィッククラシック(d10F)を当面の目標としている。

 今年一杯で現役を退き来年から種牡馬入りというのが基本方針のカリフォルニアクロームだが、管理するアート・シャーマン調教師は28日、来年も現役に留まる可能性に言及。

 陣営は、来年1月28日にガルフストリームパークで行われる、総賞金1200万ドル(日本円にしておよそ13億2千万円)という世界最高賞金レース「ペガサスワールドC(d9F)」の出走枠を、100万ドルを支払って既に入手しており、明けて6歳となって迎えるこのレースへの出走に意欲を見せている。

(文:合田直弘)

最終更新:5月30日(月)12時24分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]