ここから本文です

男子バレーはリオ五輪出場権を得るために逆襲できるか? 山本隆弘氏に聞く

THE PAGE 5月31日(火)7時0分配信

 男子バレーのリオ五輪出場権を争う世界最終予選(OQT)が東京体育館で開幕、日本は2戦を終えて1勝1敗、中国には0-3でストレート負けを喫して、北京五輪以来、2大会ぶりとなる五輪出場に赤ランプが灯った。出場8か国中、アジア1位か、アジア1位を除く上位3位以内に入るのが五輪出場条件。今日31日は、2014年の世界選手権優勝チームのポーランドと対戦、明日、6月1日には、アジア最大のライバルであるイランとの大一番を控えるが、まだ勢いに乗れていない日本は逆襲できるのか。五輪出場権を得ることができるのか。 

元全日本のエースで北京五輪出場経験のある山本隆弘氏に話を聞いた。

――中国戦の敗戦原因は?
「生命線のサーブが機能しなかった。中国とは対戦経験が少なく、データのないまま戦わざるを得なかったこともあったが、特にサーブでどこを狙っているのか、ターゲットが見えなかった。選手に話を聞くと『自分の得意なコースに打て!』という指示だったという」

――戦術の練り込みが足りなかった?
「中国には、2メートルを超える選手が揃っているため、ベストサーブで崩したかったのだと思う。その狙いは理解できるが、1本目に100パーセントでサーブを打ってミスをした場合、次のサーブをどう調整すればいいのかの目安がない。感覚をつかめないままミスを重ねる。サーブで攻めなければならないという気持ちが強い分、力みも出る。同じアジアで中国には負けられないというプレッシャーもあったのだろう。
 しかし、逆にターゲットをしっかりと決めてミスをした場合は、修正するための感覚をつかみやすい。例えば、『前衛のウイングスパイカーを狙って行け』というような指示があれば、そこを狙いながら感覚がつかめたのかもしれない。
 また一人がミスをすると、続く選手が『俺が決めないと追いつけないぞ』と焦り、力みにつながってサーブのコントロールができなくなり、またミスをするという負の連鎖反応が起きる。それを断ち切ることができなかった。そう考えると非常にリスキーな作戦だった」

――なるほど。
「対照的に中国には、日本のバックアタックを潰して、ミドルを使えないように前に落とすショートサーブを仕掛けてきた。日本がやるべきことを逆にやられた。また石川ら日本のウイングスパイカーも、1対1のブロックにつかまるシーンが目立った。スパイカーの心理としては、相手が1枚なら『有利だ、打ちたい!』と考えるが、少し安易に勝負してしまった。
 『勝ちたい、早く結果を出したい』の気持ちが強すぎると、つい個人プレーに走ってしまう。6人で点数をとれていないのだ。平均身長で中国は、2メートルを超えているのに『同じアジアのチームだ』という意識が抜け切れていなかったのかもしれない」
   

1/4ページ

最終更新:5月31日(火)10時33分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]