ここから本文です

6月アルバム発売のジェイ・チョウ、娘との“コラボ”実現「歴史的」/台湾

中央社フォーカス台湾 5月30日(月)16時40分配信

(台北 30日 中央社)歌手のジェイ・チョウ(周杰倫)は30日、FMラジオ局「ヒットエフエム」の6月の月間アーティストに選ばれ、台北市内で行われた記者会見に出席。同日に自身のフェイスブック上で公開した新曲「前世情人」などについて語った。

ジェイは来月、約1年半ぶりとなる新作アルバムを発売予定。新曲の「前世情人」(日本語で『前世の恋人』)は、昨年7月に誕生した愛娘ハサウェイがピアノのおもちゃで遊んでいた際に偶然創り出したメロディーを基に作曲された。作曲者には娘の名前もクレジットされている。ジェイは「(自身の)アルバムに別の作曲家が参加したことはない。これは歴史的。僕にとっては記念的な意味がある」と娘との初の“コラボレーション”実現に嬉しそうな表情を浮かべた。

だが、赤ちゃんにして作曲家になった娘に対して記者から称賛が送られると、「(娘は)適当に弾いただけ」と謙遜。その上で「すごいのはパパ。それをアレンジしたのですから」と自画自賛した。

作詞家のホアン・ジュンラン(黄俊郎)が手掛けた同曲の歌詞には、娘を嫁に出す際の情景も描かれている。将来の娘の結婚式の場面をすでに想像しているのか聞かれると「それはまだ」と答えた。

ジェイは来月5日に台北市内で開かれるヒットエフエム主催の大型音楽イベントに出演する。パフォーマンスの内容については「最も自信があるものを選んだ」とし、中国風のスローテンポな楽曲を披露することを明かした。

(名切千絵)

最終更新:5月30日(月)16時40分

中央社フォーカス台湾