ここから本文です

【J-NETWORK】鷲尾がNJKF王者にTKO勝ち「ヤスユキか悠矢とやりたい」

イーファイト 5月30日(月)22時40分配信

「J-FIGHT&J-GIRLS 2016 2nd」(5月29日 東京・新宿FACE)

【フォト】この大会の模様

▼第10試合 メインイベント 59kg契約 3分5R
○鷲尾亮次(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
TKO 3R 46秒
●鈴木翔也(OGUNI-GYM/NJKFスーパーフェザー級王者)

 互いに距離を取りながら様子見の序盤。鷲尾はジャブからインロー、ハイキックで威嚇、鈴木もローからハイキック、鋭いフックとストレートで襲いかかる。首相撲でも譲らない両者は、身体を入れ替えながら互いにヒザを叩きこむ互角の攻防を見せる。

 2R、前に出る鈴木を鷲尾がインローとハイキックで牽制。接近した両者は再び首相撲となり、中盤以降は離れて打ち合い、接近して首相撲の展開が続くが、両者の攻撃に鋭さが増してきた。

 3Rに入った矢先に“有効な攻撃による負傷”で鈴木にドクターチェックが入り、そのまま試合は終了。鷲尾がTKO勝ちを収めた。

 これで5連勝となった鷲尾は、「挑戦者のつもりであえてベルトは持って来なかった。NJKFのチャンピオンに勝ったので、もっと名前のある強い選手、悠矢選手やヤスユキ選手とやらせてほしい」と、宣戦布告のコメントで締め括った。

最終更新:5月30日(月)22時40分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]