ここから本文です

スピッツ、中田裕二ら参加 ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデルのトリビュートアルバム発売

エキサイトミュージック 5月30日(月)13時15分配信

ソウル・フラワー・ユニオンの前身バンド、ニューエスト・モデル結成30周年企画の第2弾として、豪華アーティストが集結したトリビュートアルバムがリリースされることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1986年大阪で結成されたニューエスト・モデルは、関西を基点に知名度を全国に広げ、1989年にメジャーデビュー。パンクバンドとしてスタートした彼らは、徐々にサイケデリックロック、ニューソウル、ファンク、ヒップホップといったさまざまな音楽を取り込み、日本のミクスチャーロックの先駆けとしてシーンに多大な影響を与える存在となった。

当時のロックバンドとしては異例のオリコン・トップ10にランクインする等、セールス的にも成功を収めていたが、1993年に盟友メスカリン・ドライヴと共に電撃解散。この2つのバンド・メンバーによりソウル・フラワー・ユニオンが結成されるという経緯を持つ、いわば伝説のバンドである。

そのニューエスト・モデルの結成30周年を記念したベスト盤『ザ・ベスト・オブ・ニューエスト・モデル 1986~1993』のリリースが先ごろアナウンスされ、ニューエスト・モデル再発見の機運が高まってきているが、今度はアーティスト14組が参加するトリビュート・アルバム『ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016 トリビュート』が、8月3日にリリースされることが発表された。

唯一無二の音楽性とスタンスで日本音楽シーンにおいて異彩を放ちながら活動を続けるソウル・フラワー・ユニオンは、前述のニューエスト・モデル時代からジャンルや世代を超えた数多くのミュージシャンからリスペクトを受けている。今回のトリビュートに参加する面々は、大森靖子、岸田繁(くるり)、the 原爆オナニーズ、スピッツ、曽我部恵一、チャラン・ポ・ランタン、怒髪天、仲井戸麗市、中田裕二、七尾旅人、二階堂和美、BRAHMAN、フラワーカンパニーズ、MONGOL800…と、いずれも第一線で活躍する個性派アーティスト揃い。それぞれのカバー楽曲については後日発表される。

また、トリビュート盤リリースに合わせたソウル・フラワー・ユニオンのツアーが秋口にも予定されているとのこと。

最終更新:5月31日(火)13時0分

エキサイトミュージック