ここから本文です

<MLB>リュ・ヒョンジン、肩の痛み再発…31日の登板延期

WoW!Korea 5月30日(月)10時43分配信

肩の手術後、復帰を準備していたロサンゼルス・ドジャースのリュ・ヒョンジン(29)に痛みが再発し、4度目の実践ピッチングが延期された。

リュ・ヒョンジンの紹介と写真

 「LAタイムズ」をはじめとした複数のメディアは30日(日本時間)「リュ・ヒョンジンがリハビリ中に少し痛みが生じ、登板計画が延期された」と報じた。

 当初、リュ・ヒョンジンは31日、ドジャース傘下のトリプルAオクラホマシティ・ドジャースのユニフォームを着て4度目のリハビリ登板に臨む予定だった。26日の3度目のピッチングで4イニング55球を投げ4被安打3奪三振無失点を記録していたリュ・ヒョンジンは、31日に5イニング80球以上を投球する計画だった。

 LAタイムズによるとリュ・ヒョンジンは26日の登板後、肩に軽い痛みを感じた。当時、彼はリハビリ後、最も速いストレート143キロを記録していた。

 ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は「彼が6月中旬に戻ってくると考えていた」とし「しかし「やや遅れるものと思われる。彼がどう感じるのかが重要だ。少し痛みを感じたという話だったため、ピッチングを遅らせた」と述べた。

 現地メディアによると、リュ・ヒョンジンの肩の状態は深刻なものではないとみられる。LAタイムズは彼のピッチングが中断されたのではなく、遅延という表現を用いた。メディアは「リュ・ヒョンジンが継続してキャッチボールをした後、状態をみるだろう」と伝えた。

 昨年5月に左肩の手術を受けていたリュ・ヒョンジンは、これまでリハビリに励んだ後、5月から本格的に実践登板に乗り出した。3度のメジャー登板を通じて投球数を増やしている最中だった。当初6月中旬の復帰が予想されていたが、肩の痛みにより、復帰時期が遅れるものとみられる。

最終更新:5月30日(月)10時43分

WoW!Korea

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]