ここから本文です

関西発ピアノポップユニット、グックルがアルバム『エンドロール』をリリース

エキサイトミュージック 5月30日(月)18時0分配信

関西発ピアノポップユニット、グックルが6月1日にニューアルバム『エンドロール』をリリースする。

グックルは、透明感と力強さを併せ持つヴォーカル吉留慎之介と、高橋優・山崎あおい・Every Little Thing・世良公則・クリープハイプ・Aimer・Shout it Outなど、さまざまなアーティストのサポートを行うピアニスト平畑“はっちゃん”徹也によるピアノポップユニット。

結成11年の年にリリースする今作は、長年築き上げてきた「ピアノポップという従来のスタイル」を脱却し、単純に二人が最高だと思う音楽を追求。<人生の中で出会う人、場所、時間を切り取る映画のようなアルバム>というコンセプトを掲げ、二人が青春時代を過ごした90年代の音楽からインスパイアされた部分と、2010年代の感覚が絶妙に入り交じった作品で、1秒たりとも無駄な時間のない計算し尽くされた、時代を超越する孤高のポップアルバムに仕上がっている。

≪リリース情報≫
New Album
『エンドロール』
2016.06.01リリース
DQC-1530 / ¥2,000(税抜)
[収録曲]
1. movie ticket
2. 世界が待ち望んだ朝
3. オレンジ色
4. ラブソング
5. 名もない木の下で
6. nostalgia
7. Everything
8. 留守番電話
9. Like a Star
10. ジングルベルはすぐそばに
11. エンドロール

最終更新:5月31日(火)17時30分

エキサイトミュージック