ここから本文です

小売販売業「弱含み傾向」4月36兆4千億円

エコノミックニュース 5月30日(月)11時20分配信

経済産業省30日発表の4月の商業動態統計〈速報〉によると、小売業販売額は36兆4120億円となり、前年同月比で4%の減少になった。同省では「小売販売業は弱含み傾向にある」とみている。3月での見方と同様の見方をしたことになる。

 統計によると、卸売業は24兆9470億円で、前年同月比で5.4%の減。小売業は11兆4660億円で同0.8%の減となった。

 商業販売額の季節調整済み前月比では販売額は1.2%の増。小売業は0.0%で横ばい。卸売業は2.8%の増になっている。

 業種別にみると、同省では「総菜や飲料などに動きがみられた飲食料品小売業は0.6% の上昇。気温高の影響で春物・初夏物衣料に動きがみられた織物・衣服・身の回り品小売業は0.7%上昇。新型車効果で普通車・小型車が好調だった自動車小売業は1.5%上昇した」。

 一方「平年並みの水準に戻っていない機械器具小売業はマイナス2.4%に。燃料小売業もマイナス1.6%になった」とし、総合して「小売販売業は弱含み傾向にある」と判断したという。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:5月30日(月)11時20分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]