ここから本文です

BoA デビュー15周年。スタートの地でお祝い。全国15都市でプレゼント配布も

エキサイトミュージック 5月30日(月)22時15分配信

2016年5月30日に日本デビュー15周年を迎えたBoA。デビュー日である5月30日にデビュー15周年を記念した“Special Party”が開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

開催地はニコファーレ。BoAが15年前、初めてショーケース・ライブで日本のステージに立った舞台(当時:ヴェルファーレ)の今である。

イベントでは、15年前も披露したデビュー曲「ID; Peace B」と最新曲「Lookbook」を披露し、デビューからの15年を振り返った。

また、過去コラボを行った三浦大知や、事務所の後輩アーティスト(少女時代/SHINee/EXO)から祝福のメッセージも流れる一幕もあり会場を驚かせた。

さらに、BoAからサプライズプレゼントとして、抽選で集まった150人のファン全員へ、BoAがプロデュースし、銀座コージーコーナーが制作したスペシャルケーキを振る舞い、応援してくれたファンへ感謝の気持ちを伝えるなど、日本デビュー15周年の記念日をファンと一緒にお祝いした。

ファンと一緒にデビュー日を過ごしたBoAだが、デビュー日である5月30日には、全国のファンへ向けた2つサプライズも。ひとつは、同日に発売となった最新LIVE DVD&Blu-ray『BoA Special Live NOWNESS in JAPAN』から、15種類に及ぶTVCMを1日でOAした。BoAのデビュー曲から代表曲、最新曲までの各楽曲と込められた想いに、デビューからの15周年が詰まったメモリアルな内容として、すでに話題になっている。

もうひとつは、全国15都市で異なる15種類の記念ノベルティを配布、その中に隠れたキーワードを集めるというキャンペーンで、こちらも各地のファンにプレゼントされると同時に、各地のファンが協力してキーワードを探し、BoAのデビュー記念日を盛り上げた。

さまざまな形でデビュー15周年を盛り上げ、スタートしたBoAの更なる活躍が期待される。

最終更新:5月31日(火)22時0分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。