ここから本文です

居住中国人が100万人突破 外国人全体の半分=韓国

聯合ニュース 5月30日(月)17時12分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部出入国・外国人政策本部が30日公表した統計によると、4月末現在、韓国に居住している中国人は100万138人(中国籍の朝鮮族の63万998人含む)で過去最多を記録した。韓国に居住する外国人(197万2580人)の50.7%に当たる。


 中国人の増加は、就職のため来韓する朝鮮族が急増しているためとされる。中国人は昨年1月末に90万人を突破してから1年3か月で100万人の大台を記録した。このうち朝鮮族は昨年1月の59万5810人から同12月には62万6655人と増加傾向にある。
 中国人に次いで多いのが米国人で14万7906人(7.5%)だった。次いでベトナム人(14万1652人、7.2%)、タイ人(9万1829人、4.7%)、フィリピン人(5万4739人、2.8%)の順。
 滞在期間別では長期滞在(外国人登録・海外同胞らの居所申告者)が146万9703人で全体の74.5%を占めた。短期滞在(90日以下)は50万2877人で25.5%と集計された。
 韓国人と結婚した外国人配偶者は15万1978人で昨年4月に比べ1.2%増えた。韓国の大学に留学中の外国人学生は10万3509人で同15.1%増加した。

sjp@yna.co.kr

最終更新:5月30日(月)17時12分

聯合ニュース