ここから本文です

全英アルバム・チャート、アリアナ・グランデが初の1位

BARKS 5月31日(火)19時55分配信

今週のUKアルバム・チャートは、アリアナ・グランデのサード・アルバム『Dangerous Woman』が初登場で1位に輝いた。全米では前2作『Yours Truly』『My Everything』とも1位を獲得したが、英国ではこれが初のNo.1となる。

◆アリアナ・グランデ画像

先週トップだったドレイクの『Views』は2位に後退。3位にリチャード・アシュクロフトの5枚目のスタジオ・アルバム『These People』がチャート・インした。

今週はこのほか、往年の名曲をカバーしたボブ・ディランの『Fallen Angels』(5位)、エリック・クラプトンの新作『I Still Do』(6位)が新たにトップ10入りしている。

シングル・チャートは、ドレイクの「One Dance」が7週連続で1位を獲得した。これだけ長い間連続で1位に輝いたシングルは、2007年、レオナ・ルイスの「Bleeding Love」(同じく7週間)以来だという。

動きが小さかった今週は、トップ4が先週と変わらず、ジャスティン・ティンバーレイクの「Can’t Stop The Feeling」(2位)、カルヴィン・ハリス ft. リアーナの「This Is What You Came For」(3位)、Siaの「Cheap Thrills」(4位)がキープし、新たに10位圏内にチャート・インしたものはなかった。

Ako Suzuki

最終更新:5月31日(火)19時55分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。