ここから本文です

ラーズ・ウルリッヒ「メタリカのアルバムはこの夏完成する」

BARKS 5月31日(火)19時56分配信

メタリカのニュー・アルバムが、完成間近だという。リリースに向けやることはまだあるが、音楽面においてはゴールが見えてきたそうだ。

◆メタリカ画像

ラーズ・ウルリッヒ(Dr)は、『Metal Forces』のインタビューでこう明かしたという。「俺ら、いま、音楽のクリエイティブ過程は終わりに近づきつつあり、その先のことを考え始めようとしているところだ。このアルバムをどうやって全世界と共有しようかって」

「6月は基本的に、俺ら、腰を据えてそれらのことを判断する月になる。タイトルだったり、なにを収録するとかさ」

ラーズは年内のリリースを希望しているが、確約はできないそうだ。「もしアルバムが年内リリースされなくても、完成していないってわけじゃない。来年まで待った方がいいっていう秩序だった理由があるからだろう。でも、アルバムはこの夏完成する」

メタリカの新作は2008年の『Death Magnetic』以来8年ぶりとなる。1983年に1stがリリースされて以来、最も長く間隔が開いた。

現在のところ、メタリカがこの夏予定しているライブは1公演のみ。8月20日、米ミネアポリスのU.S. Bank Stadiumでパフォーマンスする。

Ako Suzuki

最終更新:5月31日(火)19時56分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。