ここから本文です

ボノ、ブルース・スプリングスティーンの公演にゲスト出演

BARKS 5月31日(火)19時57分配信

ブルース・スプリングスティーンが日曜日(5月29日)、U2のホームタウン、アイルランド・ダブリンで開いた公演にボノがゲスト出演し、8万人以上いたオーディエンスを歓喜させたという。

ボノはショウ終盤でステージに登場し、スプリングスティーンがパティ・スミスと共作した「Because The Night」を一緒にパフォーマンスしたそうだ。この夜の公演には、U2のジ・エッジ(G)とラリー・マレン・ジュニア(Dr)も観に訪れたといわれるが、彼らはステージには上がらなかった。

スプリングスティーンとボノは、2003年11月にもマイアミで開いた公演で同曲を一緒にプレイしている(デイヴ・スチュワートも参加した)。

スプリングスティーンは金曜日(5月27日)と日曜日(29日)、ダブリンでパフォーマンス。同市に滞在中、ボーリング場やパブで楽しむ姿が目撃されている。

彼の最新ツアー<The River Tour 2016>は5月14日にヨーロッパに上陸。7月31日まで続いた後、8月23日から北米ツアーが再開する。

Ako Suzuki

最終更新:5月31日(火)19時57分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。