ここから本文です

欧州CL制覇のレアル、マドリード市内で優勝パレード

AFPBB News 5月30日(月)8時44分配信

(c)AFPBB News

【5月30日 AFP】サッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2015-16)を制したレアル・マドリード(Real Madrid)は29日、マドリード(Madrid)のシベレス広場(Cibeles Square)で優勝パレードを行った。

 マドリード市内では数千人のサポーターがチャントを歌い、マフラーを振って、通算11度目の大会制覇を遂げて凱旋したレアルの選手を出迎えた。

「Campeones(王者)」という文字が記されたオープントップバスに乗った選手たちは、その到着を数時間待ちわびていたサポーターに優勝トロフィーを誇示した。

 28日の決勝でアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)を下したレアルの選手たちは、試合が行われたイタリア・ミラノ(Milan)を発って、現地時間29日の午前6時(日本時間午後13時)ごろスペインに帰国。その足で、伝統的にクラブの優勝を喜ぶ場所となっているシベレス広場へ向かった。

 本拠地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)では約5万人のサポーターが大型ビジョンで試合を観戦。その後、サポターは同広場で一晩中チームの優勝を祝っていた。(c)AFPBB News

最終更新:5月30日(月)8時44分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。