ここから本文です

「BMW i8」の創立100周年記念モデルを20台限定販売

オートックワン 5月30日(月)12時13分配信

ビー・エム・ダブリューは、BMWの創立100周年を記念した特別限定車の第7弾モデルとして、BMWのプラグインハイブリッドスポーツカー「i8」の限定モデル「BMW i8 Celebration Edition“Protonic Red”(セレブレーション・エディション・プロトニック・レッド)」を、5月30日より注文受付を開始する。

BMW i8 Celebration Edition“Protonic Red”の写真を見る

全国合計20台の台数限定で、価格(消費税込)は、2200万円。納車は10月からを予定している。

BMW i8は、スポーツカーでありながらコンパクトカー並みの燃費性能と低排出ガスを実現したプラグインハイブリッドテクノロジー「eDrive(イードライブ)」や、電気自動車「i3」とともに量産車として初めてCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)をボディの基本骨格に採用するなど、最も革新的なプレミアムスポーツカーである。

限定モデル「i8 Celebration Edition“Protonic Red”」は、BMW iとして初めて採用される赤色の専用ボディカラー「プロトニック・レッド」を身に纏い、オービット・グレーの塗装が施された専用20インチアロイホイールとの組み合わせにより、人目を惹きつけるより圧倒的な存在感を放つスタイリングを実現した。

加えて、LEDヘッドライトに比べ2倍もの照射距離を実現した次世代のライト技術「BMWレーザー・ライト」を標準装備とし、フロントフェイスからBMW i8の革新性と際立つ存在感をさらに主張している。

インテリアは、随所に赤色のステッチが施されたブラックの専用インテリア「CARPO」と、カーボン・インテリア・トリムの専用装備の組み合わせが、クールな装いとともにその内に秘めた情熱を感じさせる魅力的な室内空間とした。

さらに、エディション・ネームの入った専用ドアシルプレートやシリアルナンバー入り専用インテリアバッヂが、特別なモデルであることを主張している。

1/2ページ

最終更新:5月30日(月)12時13分

オートックワン