ここから本文です

ジョニー・デップが離婚に対するコメントを発表、アンバー・ハードはジョニーのDVを告発

ELLE ONLINE 5月30日(月)20時47分配信

ジョニー・デップはアンバー・ハードが離婚を申請したことについて代理人を通じて声明を公開。「結婚生活の短さと、ジョニーが母を最近亡くした悲劇を鑑み、ジョニー本人はプライベートに関する下品なデマ、ゴシップ、誤った情報や嘘にコメントはいたしません。この短い結婚生活の解消が迅速に解決することを願っている」と発表したもよう。

一方のアンバーは現地時間5月27日(金)に、ジョニーに対する接近禁止命令を申請! 理由はジョニーからの暴力。裁判所に提出された書類によるとアンバーは「過去15ヶ月間、酒とコカインのせいでジョニーから何度も暴力を受けていた」そう。4月21日(木)に行われたアンバーの誕生日パーティでも、ゲストが帰った後、彼女に「ワイングラスを投げつけ、髪を掴んで床に倒した」とか。その後ジョニーは家から出て行き5月21日(土)に帰宅。初めは落ちついていたジョニーが突然怒り出し、アンバーにiPhoneを投げつけたそう。アンバーは「ジョニーと暮らすことは恐怖だった。彼が戻ってくることを考えると身体的にも感情的にも恐怖を感じた」と裁判所で語ったそう。話を証明するかのように、裁判所から出てきた彼女の目元には大きなあざが。さらに関係者からはジョニーがアンバーにお金を払い、この暴力事件を内密にしようとしたという証言も出ているとか。

また21日(土)には2人の自宅に警察が呼ばれていたことも明らかに。警察によると「誰が通報したのかは明らかになっていない。事件の証拠は見られなかったので調査は行われなかった」とか。裁判所はアンバーの申請を受け、ジョニーに対して一時的な接近禁止命令を出したそう。

ジョニーの望むような迅速な解決どころか泥沼化してしまった2人の離婚劇。今週も続報に注目したい。(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:5月30日(月)20時47分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。