ここから本文です

オーディオテクニカのハイレゾ対応イヤホンATH-CKR100/90/70。上位2機種はデュアルドライバーを搭載

Stereo Sound ONLINE 5月30日(月)14時40分配信

「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」がコンセプトのシリーズ

 6月17日(火)、オーディオテクニカからハイレゾ対応のカナル型イヤホン「ATH-CKR100」「ATH-CKR90」「ATH-CKR70」が発売される。価格はいずれもオープンで、想定市場価格は「ATH-CKR100」が4万円前後、「ATH-CKR90」が2万円前後、「ATH-CKR70」が1万円前後。

 この3モデルは「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトとした《Sound Reality series(サウンドリアリティ シリーズ)》で、具体的には“伸びのある中高音域が放つきらめき、繊細なニュアンスまで逃さない高解像度の音づくり、響きの豊かさで表現された迫力ある低音域といった、『音本来の豊かさ』を追求したシリーズ”として開発されている。

 最上位モデルの「ATH-CKR100」は、純鉄ヨーク採用のφ13mmドライバー2基による「DUAL PHASE PUSH-PULL <Hi-Res Audio> DRIVERS」を搭載する。

 正確な対称性をもつ2つのドライバーが、駆動力とリニアドライブ(前後直進運動)の向上を図り、広い帯域で歪みのない原音を再生するとしている。

 また、ドライバーの後方には前後直進運動を向上させるアルミニウムスタビライザーを設置し、レスポンスを高めている。

 そのドライバーを収納するハウジングは高剛性チタニウム製で、不要振動を排除する。

 着脱式のケーブルは、L/Rが独立したスターカッド撚り線を採用し、ノイズの低減を目指している。また着脱コネクターは、ノイズ耐性とメンテナンス性に優れた、オーディオ専用設計の「A2DC」を装備している。

 中位モデル「ATH-CKR90」も「DUAL PHASE PUSH-PULL <Hi-Res Audio> DRIVERS」を搭載し、ドライバーはφ13mmとφ10.4mmだ。この2基のドライバーで高域特性を改善し、高解像度再生を実現するとしている。

 さらに、アルミニウムスタビライザーや着脱式コネクター「A2DC」は、このモデルにも搭載している。ハウジングは精密切削アルミニウムで、不要振動を防ぐ。

 下位モデル「ATH-CKR70」は、φ11.8mmの<Hi-Res Audio>対応ドライバーを用いる。ミクロンオーダー(1/1000mm単位の精度を持つ緻密な設計)の新ドライバーで、振動板の前後直進運動を行なうという。

 ハウジングはアルミを採用し、ドライバーのフルドライブと快適な装着感、密閉感を目指している。

 また、グラファイトブラック/エメラルドブルー/シャンパンゴールド/ピンクゴールド/ブリリアントレッドという5色のカラーを用意していることも特徴だ。

 なお、本機のみ着脱式ではないケーブルを採用している。

【ATH-CKR100の主な仕様】
■型式:ダイナミック型
■ドライバー:φ13mm×2
■出力音圧レベル:110dB/mW
■再生周波数帯域:5Hz~45kHz
■インピーダンス:12Ω
■入力端子:A2DCコネクタージャック
■プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)
■質量(ケーブル除く):約14g

【ATH-CKR90の主な仕様】
■型式:ダイナミック型
■ドライバー:φ13mm×1、φ10.4mm×1
■出力音圧レベル:109dB/mW
■再生周波数帯域:5Hz~42kHz
■インピーダンス:12Ω
■入力端子:A2DCコネクタージャック
■プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)
■質量(ケーブル除く):約11g

【ATH-CKR70の主な仕様】
■型式:ダイナミック型
■ドライバー:φ11.8mm×1
■出力音圧レベル:108dB/mW
■再生周波数帯域:5Hz~40kHz
■インピーダンス:19Ω
■プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)
■質量(ケーブル除く):約8g

▼問い合わせ先
オーディオテクニカ 相談窓口
電話番号:0120-773-417(フリーダイヤル)、03-6746-0211
受付時間:平日9:00~17:30

Stereo Sound ONLINE

最終更新:5月30日(月)14時42分

Stereo Sound ONLINE