ここから本文です

WRESTLE-1王者KAIが他団体のオープニングに乱入し大暴走!

バトル・ニュース 5月30日(月)5時10分配信

 29日、DDT後楽園ホール大会のオープニングに突如として『BAD COMMUNICATION』が鳴り響き、大家健とともにWRESTLE-1王者のKAIが乱入した。

 KAIは昨今、ガッツワールド後楽園ホール大会、ガンバレ☆プロレス王子大会、女子プロレス団体アイスリボン道場マッチ、大日本東戸塚大会とあちこちに出場し行く先々で自由なファイトを展開している。
 この日も突然の乱入に会場のファンは大盛り上がりだが、前説を務めていた鶴見亜門GMは「何しに来たんですか?」と迷惑顔。

 これに大家が「ガンバレ☆プロレスで(KAIと)タッグ組んで勝ったんですよ!タッグといえば!DDTのタッグといえば!KO-D!無差別級タッグだろ!挑戦させろ!」と他団体での戦績をDDTに反映させてチャンピオンシップを行なえと無理な要求をつきつける。さらにKAIは「KO-D無差別に!」と言い間違えてシングル王座に挑戦表明。
 亜門GMは「タッグですよね?会社と会社の関係とかありますから」となだめようとするが、KAIは「GMと大社長おんなじでしょ?」とさらに言い間違え、同じなのはCEOと大社長(WRESTLE-1 CEO=DDT大社長=高木三四郎)だと指摘される。
 KAIは「んなこたどうだっていいんだよ!」とベルト挑戦を要求し、「前向きに検討します」という答えを聞いて何故か喜ぶ。

 だがここでWRESTLE-1はこの日16時から兵庫・神戸サンボーホール大会があり、そのセミファイナルにKAIは出場することになっていることに気づくと慌て始め、DDTとしても時間が押しているためここぞとばかりに亜門GMは大鷲を呼んでオープニングコールを行おうとしたものの、大鷲を見たKAIは「伊藤先輩(大鷲)ご無沙汰してます!濱口ジム先輩じゃないですか!悪冠一色で素行不良で解雇されたの見てますから。うちにも居ますよお仲間(近藤修司)が」と大興奮。
 しかし改めて時間がないことに気づくと「俺も時間ない!スタートやりますか一緒に!俺が自由に!自由に!自由に!スタートします!それではみなさんDDT後楽園大会!スタート!」と他団体のオープニングを自由に引っ掻き回し、足早に会場を後にした。

最終更新:5月30日(月)9時37分

バトル・ニュース