ここから本文です

桐谷健太、観衆・13万人日本ダービーでの国歌独唱が「泣かされた」「心に響く」と話題。

E-TALENTBANK 5月30日(月)12時16分配信

現在CMソング「海の声」が大ヒット中の桐谷健太が29日、東京競馬場にて第83回東京優駿(日本ダービー)のオープニングセレモニーで国歌独唱を行った。

桐谷の独特の「溜め」を効かせた厳粛かつワイルドな独唱が13万人の大観衆を集めた晴天の東京競馬場に響き渡った。日本ダービーのレース直前に行われたこの模様は全国でテレビ中継され、WEB/SNSサイトなどでも「桐谷健太の国家独唱くそかっこよかった。」「国家斉唱の大役を成し遂げた桐谷健太。体全体で歌い心に響くものがありました。 」「漢前といえば国家斉唱した桐谷健太さん。」「桐谷さんの国家斉唱、緊張の中にも堂々と朗々と...素晴らしくてレースより先に泣かされました」「国家独唱の桐谷健太の気合い乗りが凄かったw」などと話題になっていた。

独唱終了後のインタビューで桐谷は「(13万人の前で)興奮はしましたが緊張はしませんでした。思いっきり歌えて最高の気分でした。」と述べた。
「ダービー馬券は購入しましたか?」の質問に「もちろん買いました、そして当たりました!でもトータルはプラスになりませんでした!」と笑顔で答えた。

インタビュー途中、一般来場者が「海の声」のフレーズを歌い始めそのまま会場内で合唱となった。これに呼応して桐谷自身も予定になかった「海の声」の即興をアカペラで熱唱し会場を大いに盛り上げた。

最終更新:5月30日(月)12時16分

E-TALENTBANK